出初め… その2

タンチョウ(2018.01.07 釧路市)

 先程も書いたが、ただ突っ立っている姿を捉えてもつまらない。動きのある姿を捉えたい。その究極はやはり青空をバックに飛翔する姿だと、Fieldは思っている。それが実現できるポイントへ移動した。そこへの距離は30kmほどで、到着したのは午前11時。このエリアには入場料が必要で、¥470。ん?値上がりしてるね。ここって最後に来たのは何時だったっけ?
 このポイントの魅力は、入場料がかかるだけに周囲がネットで囲まれている。タンチョウが出入りするにはそのネットを飛び越えなければならない。従って飛翔シーンと出くわす頻度が高くなる。
 また、フェンスの向こうにタンチョウは居るのだが、その距離が短くてタンチョウの姿を間近で見ることが出来る。センター(建物)が有り、冷えた身体を温めたり、休息したり、ラーメンなどの昼食も有る…と、メリットも多いのだ。

 

オオハクチョウ(2018.01.07 釧路市)


 センターで料金を払って、ポジションを探しているとき、真上をタンチョウが飛んだ。慌ててカメラのスイッチをONにしたが間に合わない!わー、センターのおじさまとおしゃべりしてるんじゃ無かったかなぁ(汗)
 その後、幾度も“来た!”とカメラを向けるが、オオハクチョウばかり…トホホ…。でも、まぁタンチョウが飛翔した時の練習だと思い、練習を重ねた。でも贅沢な話で、オオハクチョウの飛ぶ姿も綺麗だよね。


タンチョウ(2018.01.07 釧路市)


 ようやくタンチョウの飛ぶ姿も幾度か見ることが出来たが、まだまだ…。お昼近くにセンターに入り、ラーメンを注文。その時“餌の時間ですから…”と言うとおじさまがキョトンとしていた。“いやいや、私の餌ですよ”と言うと理解してくれたようで大笑い。よっしゃ、受けたゾ!

 

タンチョウの飛翔(2018.01.07 釧路市)


 その後も、なんとしてもタンチョウの飛翔シーンを撮りたいと粘りましたよ。このポイントに居るタンチョウは、去るときにはお尻を向けて飛び去ります。他の場所からこのポイントに入ってくるタンチョウだけが対象になるのです。
 ところが、このポイントは、お昼が近づくと出て行くタンチョウが多く、入ってくるタンチョウは少なかったのです。一方このポイントに入ってくるオオハクチョウは、どんどん増えてきました。でも、これだけ撮れれば、来た甲斐があったと思います。80点くらいかなぁ。

 

タンチョウの幼鳥(2018.01.07 釧路市)

 今回の撮影で思ったのは、NewCameraは静止している対象には威力を発揮しますが、鳥の飛翔ではやや不満を覚えました。動き廻る対象であれば。これまでのセットが上かなと思いますが、まだまだ性能を引き出しては居ないとの思いで、これからも使い続けるつもりです。
 それより気になるのがルチアーノです。彼の知人が鶴の写真を撮りたがっているのは判りましたが、彼も同行するのでしょうか?そうしてFieldにガイドを希望しているのでしょうか???そこで彼からのメールを再読すると…ありゃ、2019年…って書かれていました。それって、彼の書き違い?それとも、1年後のスケジュールの話?再確認しなければ!(汗)

 

←戻る      2017年版目次へ      次へ