もう一つの Field Note    
Apr 2008 5月 2008 Jun 2008
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
welcome to Field
カテゴリー
in door [73]
others [9]
リーセント
半年…それって無いよね
曲がり角
悲しい事故
同病?
えーっと、いつぶり?
がんばれモンシロチョウ
参ったね〜
やばい!!
ハチドリのひとしずく
標本
アーカイブ
8月 2009[2]
7月 2009[4]
4月 2009[8]
12月 2008[6]
11月 2008[6]
10月 2008[5]
9月 2008[10]
6月 2008[4]
5月 2008[7]
3月 2008[12]
2月 2008[12]
1月 2008[7]
ユーザーリスト
field[83]
検索
26 May 2008   01:17:30 am
走りたい!
目標に向かってとか、何かを求めてとか、格好の良いものではなく、
たぶんこっちだろうと、自分の信じる方向に向かって走りたい!
その先に何があるのか、そこに、私の求めているものがあるのか、
もしかしてたどり着いてみて、そこにには何もないかも知れないけれど、

でも、走りたい!

目標とか、ゴールとか、それを目指すことが重要ではなく、
もしかしたら、走ること自体が私にとって重要なのかも知れない。
何を求めているのか自分自身でもほとんど分かってはいない。
走って走って走って、たどり着いた先に、たとえ何にもなくても、
そこまで走ったことに何かきっと意義があるような気がして、

だから、走りたい。

ただただ、くたびれるだけかもしれないけれどね(笑)
でも、それ良いんだよ。

**************************************************************
何なんだろうねぇ、この感覚?!
まるで回遊魚が、泳ぐのを止めた途端に酸欠になって死ぬ…みたいな、
そんな感じかなぁ。
走り続けることでモチベーションを維持してる?
走るのを止めた途端に、フヌケになって腐り始めるというような恐怖感
というか強迫観念…うーん疲れる奴だ!まったく!!
カテゴリー : in door |
07 May 2008   01:55:43 am
NET社会に思う その2

 間が開いてしまって、何を言いたくて“NET社会に思う”なんていうタイトルで文章を書き始めたのか、正確なことは思い出せない。全く適当な奴だと自分自身でもそう思う。前章はメールの利便性と、ジャンクメールについて書いたので、この章はBBSやblogについて書いてみよう。
 迷惑メールは、どんな内容であれ、自分だけが我慢すればそれで済むことだ。そしてこのアドレスからのメールはゴミ箱へ直行…なんていう設定も可能だ。しかし、ゴミ箱に直行しているということは、相手には伝わらないから、いつまでもメールは来る訳で、根本的な解決にはならない。なぜ受信拒否という設定がないのか不思議でたまらない。大量に迷惑メールを発信している者にとって、受信拒否通知が大量に届けば根を上げて、そういった行為は減ると思うのだが、如何なものだろう?(受信拒否の方法をFieldが知らないだけだったりして…)
 一方、BBSやblogの迷惑な書き込みには閉口する。被害は運営者のみならず、それを閲覧している他の方々にも不快感を与えてしまう。画像掲示板にH画像など貼られるのは最悪で、管理者は常に目を光らせる必要がある。そういった書き込みにも2つのパターンがあり、一つはロボット型と云ってソフトを介して相手のログ・ファイルに直接変更を加える形で書き込まれる。この手の書き込みは、ブラウザを使用していないので、それと判断が付き、ソフト上で掲載拒否が可能だ。もう一つは手動式で、コツコツと手作業で書き込みが行われる。これがなかなか厄介で、禁止ワードによる拒否、IPアドレスによる拒否、ホスト名による拒否など様々な方法で拒否はするのだが、それらをかいくぐって、イタチごっこのように書き込みは行われる。それらのほとんどが、金銭目的のページ閲覧を促す内容なのだが、果たしてそれが効果のあることなのだろうかと大きな疑問を抱く。
 もう一つ、BBSやblogでカチンとくる出来事があった。BBSやblogは閲覧者の誰でもが自由に発言できることが前提だと思う。上記のような明かな商目的、明かな嫌がらせ、誹謗中傷は別だが、そうではない限り、たとえ管理人でも発信者の理解を得ないまま勝手な判断で、書き込みを削除されることは常識を外れた行為だと思う。何か書き込みに不満を覚えたとしても、それはそのBBSやblog上で意見交換をすべきだと思うが皆さんのご意見は如何だろう?
 実はFieldが、かつての当クラブ・メンバーの某blogに書き込みをした時に、その内容を消されてしまった事がある。その内容とは、蝶の同定ミスを指摘したものだったが、何故消されたのかメールで問い合わせると、“蝶の同定ミスはどうでも良い。皆がそれで納得して話が盛り上がっているのに、雰囲気が壊れる”との内容のメールが届いた。その後Fieldは、そこへの書き込みを遠慮していたら、2ヶ月程経ってその方からまたメールが来ました。何とblogに何か書き込みをして欲しいと仰るのだ。もちろんお断りしましたよ。“書いた本人が納得の出来ない状況で、書き込んだものが消されるなら、あなたのblogへの書き込みは今後とも出来ません”ってね。勝手に書き込みを消した詫びの言葉の一つもあれば、話はまた別だったと思うのですが…とても残念な出来事でした。
カテゴリー : in door |
 
ページ: 1
Powered by myBloggie 2.1.4