もう一つの Field Note    
Feb 2008 3月 2008 Apr 2008
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
welcome to Field
カテゴリー
in door [73]
others [9]
リーセント
半年…それって無いよね
曲がり角
悲しい事故
同病?
えーっと、いつぶり?
がんばれモンシロチョウ
参ったね〜
やばい!!
ハチドリのひとしずく
標本
アーカイブ
8月 2009[2]
7月 2009[4]
4月 2009[8]
12月 2008[6]
11月 2008[6]
10月 2008[5]
9月 2008[10]
6月 2008[4]
5月 2008[7]
3月 2008[12]
2月 2008[12]
1月 2008[7]
ユーザーリスト
field[83]
検索
06 Mar 2008   02:48:34 am
最初のカメラ

 デジタル写真というテーマで、写真の話を書くつもりだった。それがデジカメの話になり勢いがついてしまって、そのまま脱線し続けた。この章からは、Fieldとカメラの出会いを書いてみようと思う。

 1967年に父がカメラを手に入れた。マミヤプレスという、主に新聞記者などが使う馬鹿デカイ二眼レフ・カメラだった。きっと父はそれを持て余したのであろう。何と小学生の私にそれを預けたのだった。集合写真や風景を撮るなら、当時としては最高の機種だったと思う。ところがFieldが撮りたかったのは、蝶の写真であった。静物を撮るなら最高のカメラでも、動物を撮るにはあまりに不便なカメラだった。しかも、フィルム代・現像代・プリント代とお金がかかり、学生の自分としてはいろいろと試すこともままならなかった。
 中学校時代、Fieldはサッカー部に所属していた。短距離と瞬発力に自信があったから自分に相応しいスポーツだと思ったからだ。しかし間もなくメキシコ・オリンピックで日本サッカーチームが銅メダルを取り、サッカーに注目が集まった。サッカー部には生徒が大勢集まるようになった。当時からヘソの曲がっていたFieldは、サッカーを止めた。吹奏楽部や卓球部のサポートをしていたが、最後は生物クラブに入った。顧問は酵母菌の研究を奨めたが、それを断って1期後輩に任せた。2期後輩に蝶に興味を持っている奴がいたので、彼と本格的に蝶の生態研究を始めた。キアゲハを飼育しながら観察日記を書きスケッチをしたが、何か物足りなさを感じた。何だか説得力が足りないと思った。
 そこで、マミヤプレスを持ち出した。飛び回る蝶の写真を撮るのは難しかったが、幼虫や蛹を撮ることは出来た。その写真を持ち込んで、中学校科学連盟の大会に望んだ。当時生物クラブの部長になっていたが、過去の戦績を聞いて驚いた。Fieldの在籍していた帯広第六中学校は過去10年間最優秀賞だという。六中は開校10年だから、開校以来トップを取り続けていることになる。正直ヤバイと思った!
 各校の研究発表があり、その後の表彰式に望んだ。第六中学校のキアゲハの生態研究は最優秀賞だった。後輩の酵母菌の研究が次点だった。パーフェクトだ!Fieldの出品した昆虫標本が特別賞のオマケも付いた。表彰式の後の総評で、過去に論文・スケッチの提出はあったが、生態写真を付しての発表は初めてのことで、それが高い評価を受けたことを知った。その時の写真の1枚がこの写真で1969年撮影である。
カテゴリー : others |
 
ページ: 1
Powered by myBloggie 2.1.4