もう一つの Field Note    
Feb 2008 3月 2008 Apr 2008
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
welcome to Field
カテゴリー
in door [73]
others [9]
リーセント
半年…それって無いよね
曲がり角
悲しい事故
同病?
えーっと、いつぶり?
がんばれモンシロチョウ
参ったね〜
やばい!!
ハチドリのひとしずく
標本
アーカイブ
8月 2009[2]
7月 2009[4]
4月 2009[8]
12月 2008[6]
11月 2008[6]
10月 2008[5]
9月 2008[10]
6月 2008[4]
5月 2008[7]
3月 2008[12]
2月 2008[12]
1月 2008[7]
ユーザーリスト
field[83]
検索
18 Mar 2008   11:51:11 pm
3代(台?)目のカメラ

 3代目のカメラは、MINOLTA α7。買ったのは1984年頃だったかなぁ。α7の特徴は目的別のメモリ・チップを差し込むことで、それぞれのシーンに最適な設定が自動化されるという機能が付いていた…なんていうと、何だかもの凄い!…気もするが、今ではどのデジカメにも付いているシーン・モードのことだ。でもその当時としては先駆的な技術だったのかも知れない。
 シャッターも電子シャッター…というと聞こえは良いのだが、電池が切れるとシャッターも落ちなのいか!と、今では当たり前のことに苛ついた。何でもかんでもマニュアルだったのが、あれもこれも自動化されるという過渡期の産物だったのだろう。一部で便利になる一方で、何でこんなことが…と思える部分で不便さも感じた。
 ピンはもちろん自動。ズームもモータードライブ。メモリ・チップを入れれば絞りもシャッタースピードも自動。これで良いのか?と疑問を感じながら、方やシャッターチャンスだけに集中できる便利さも感じながら、17年ほど使い続けた。ただ、この時代に撮った写真がFieldの写真の中で一番つまらない写真が多かったと、今になって思う。それはカメラに任せきりだったからだろう。そこそこに撮れる写真に、そこそこ満足をしてしまった結果だろうと、今更ながら反省しきりである。
 そして、デジカメの時代が到来する。以降は前章に書きちらかした通りなので、カメラの話はこれでおしまい。(写真は銀塩カメラを持っての最後の遠征となった2001年の沖縄で撮影)
カテゴリー : others |
 
ページ: 1
Powered by myBloggie 2.1.4