オオミスジ


オオミスジ
Neptis alwina Bremer& Grey
(タテハチョウ科)


                              
2004.7.31 松前町

●分 布:北海道(渡島半島のみ)・本州
●成虫の発生:年1回7月下旬ころ発生
●越冬態:幼虫     ●食 草:スモモ・ウメ・アンズ

  1981年諏訪で1♀を採集したことがあったが、それ以来10数年お目に掛かるチャンスがなかった。その後八雲町で数度目撃していたが、撮影には至らず。毎年悔しい思いをしていた。ところがオオゴマシジミに会いに行った松前町で、偶然にも撮影の機会に恵まれた。もっともそのオオゴマシジミは未だ撮影出来ていないのだから皮肉なものだが、蝶の世界、足繁く通 った者が勝ちという気がしてならない。私の在住する帯広市から道南まで千数百kmのドライブは、かくして毎シーズン続くのである。