エゾスジグロチョウ


エゾスジグロシロチョウ
Pieris napi nesis Fruhstorfer
(シロチョウ科)


分 布:北海道・本州・四国・九州
成虫の発生:年3回 4月中旬〜9月下旬ころ
越冬態:蛹
食 草:コンロンソウアブラナ科の植物

 スジグロシロチョウとの区別が難しい。またエゾと名が付く割には九州まで生息しているのも面白い。日本の蝶の分類がまだ確立してなかったころ、北海道に生息するスジグロシロチョウはどうも本州のとは違うようだと安易についた名前なのだろうか?
  確かに北海道にはエゾスジグロシロチョウが多く、本州以南ではスジグロシロチョウが多いようだ。

次ページ