ウスイロオナガシジミ


ウスイロオナガシジミ
Antigius butleri FENTON
(シジミチョウ科)


                           撮影/音更町木野鈴蘭公園 

●分 布:北海道、本州・九州、東限は釧路市、北限は名寄市・紋別市
●成虫の発生:年1回7月中旬発生
● 越冬態:卵     ●食 草:ミズナラ・カシワ

 帯広市近郊では少ない種類で、カシワ林などで、葉の上に静止している姿を見かけますが、花を訪れたり、活発に飛び回ったりする姿はほとんど見かけません。同族のミズイロオナガシジミ・オナガシジミとは羽の表面 だけでは区別がつきにくいのですが、裏面はそれぞれに特徴があり、間違うことはありません。

近似種との区別