オナガシジミ


オナガシジミ
Araragi enthea JANSON
(シジミチョウ科)


                                 撮影/1999.8.4.音更町東和 

●分 布:北海道・本州・四国・九州
●成虫の発生:年1回7月下旬ころ発生
● 越冬態:卵     ●食 草:オニグルミ

 属名Araragiは日本の古語“あららぎ”。
 以前、帯広近郊には少ない種類かと思っていたが、オニグルミの木に、たくさんの個体が群れて飛ぶ姿を見てからは認識が変わった。それは、ゼフィルスとしてはかなり遅い時期に発生すること、活動が夕方であること、オニグルミの木からあまり遠くへ離れることがないことなどから、たまたまこの蝶に出会うチャンスがなかっただけのようです。

近似種との区別