オオチャバネセセリ


オオチャバネセセリ
Polytremis pellucida Murray
(セセリチョウ科)


                              1999
.7.24 音更町

分 布:北海道・本州・四国・九州
成虫の発生:年1回7月中旬ころ発生
越冬態:幼虫
食 草:クマイザサ・ミヤコザサ・スズタケなど

 阿寒付近でキャンプをした時のことである。さほど大きくない川の岸にテントを張った。川は白濁したような水が流れていたが、小さな滝があって、そのロケーションが気に入ってその川の岸を野営地に決めたのだった。時季はお盆を少し過ぎていたように記憶している。 翌朝、キャンプをしたときの常で、早々に目が覚め、釣り糸を垂れるも、アタリは全くなし。魚を諦めてテント近くの川岸に腰を下ろして川の流れを見つめていたら、目前の濃紫色のトリカブトの花にオオチャバネセセリがとまり、忙しなく密を吸っている姿が目に入った。そのチョウが去って、数分の間もなく次のオオチャバネがやって来てまた吸密している。結局その日は午前中だけでいったい何頭のオオチャバネが同じ花を訪れたのだろう?それはまるでピットインして給油をしているレーシングカーのようだった。
その内の一頭が、今も私の標本箱の中に眠っている。

次ページ